北東ブラジル海岸沿いにある都市の気候

南回帰線と赤道の間にあるサルバドールは、熱帯雨林気候に属します。一年中、夏服で大丈夫。夏場でも30度を大きく越えることはなく、ビーチや野外フェスタ目当ての観光客が多い時期です。冬期の7、8月は比較的雨が多いので、「雨男、雨女」の自覚がある方は避けた方がいいかもしれません。雨が降った翌日は、市内のビーチも汚れがちなので、海水浴が目的ならば尚更です。

また、ワールドカップで日本チームが初戦、第2戦を戦うレシフェやナタール、またフォルタレーザは、より赤道に近い熱帯気候。一年中30度前後で、日差しは強烈です。スコールが降ることはありますが、長く雨が続くことはありません。夏場の日中出歩く際には、水分補給や日焼けに十分注意して下さい。特に海岸から離れた内陸部を歩くには、相当体力を消耗する覚悟が必要です。

イグアスの気候

iguacu

3月(初秋)のブラジル側イグアスの滝(撮影:Miki Kobayashi)

観光スポットとして人気のイグアスの滝。アルゼンチンと2国にまたがることからも想像できるように、ブラジル南部に位置します。温暖湿潤気候に属し、1年中比較的過ごしやすい気候です。

一般には、雨季直後の12月から5月は、滝の水量が多く、また雨も少ないので観光のベストシーズンだと言われています。日中は半袖で十分の暑さで、滝しぶきに濡れるのも苦になりません。また夜は気温が下がり、それほど暑くありません。

マナウスの気候

アマゾン観光の拠点となるマナウス。ジャングルのイメージ通り、1年中蒸し暑い高温多湿の多雨熱帯雨林気候です。12~5月が雨季、6月から11月が乾季となります。

ベストシーズンは、水位が下がり、ピンクイルカを始め動物を見る確率の上がる乾季。雨季の湿度は相当なもので、タオルや髪が自然乾燥では乾かず、かなり不快に感じるかもしれません。

ブラジリアの気候

brasilia

TV塔から眺めたブラジリア(撮影:Miki Kobayashi)

リオからの遷都を目的に、内陸の未開の土地を切り開いて作られた未来型人工都市、ブラジリア。高原地域にあるため比較的温暖だと言われていますが、日差しが強く、5~9月の乾季はひどく乾燥することで知られています。特に7、8月は水分補給はもちろん、保湿クリームやリップバームが必需品。雨季は10月から4月。
晴天が多く、緑も美しい4月から6月前半がベストシーズンだと言われています。


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。