気をつけたいジェスチャー

motorista

サンパウロのタクシーの運転手

■親指を立てるジェスチャー
ブラジルでおそらく最もよく使われていると思いますが、これは肯定の意味を表します。例えば、「元気」「いいね」「その通り」「ありがとう」「OK」などの意味が込められています。また、確認の際にも、指を立てて、「OK?」などと聞かれる場合がよくあります。問題なければ、指を立てて合意してください。


■OKサイン
OK

ブラジルでは使用厳禁のOKサイン

気をつけたいのが、親指と人差し指で円を作る、いわゆるOKサイン。これは、ブラジルでは性的で、ひどく侮辱的な意味を持ちます。意図せず使ってしまわないように、覚えておいてくださいね。なお、日本では、お金の意味で、親指と人差し指で円を作ることもありますが、これも同義で使用厳禁。お金を示す時は、親指で人差し指と中指をすり合わせる仕草をします。

■ガッツポーズ
片手の握りこぶしを作り顔くらいまであげる、いわゆるガッツポーズも気をつけたいジェスチャー。日本では、「いくぞ!」など、仲間に気合を入れたり、「やった!」と会心の気持ちを表す時に使うかもしれませんが、これもブラジルでは、侮辱的な喧嘩を売る合図です。スポーツ観戦などで、興奮して使わないように気をつけて。ちなみに、腕を頭上にまであげる場合や、両手の場合は問題ないそうです。

■手招き
さらにもう1つ。手の平を下にした日本ではよく使われる手招きの仕草も注意が必要です。指だけを動かすのであれば問題ないようですが、手首まで動かしてしまうと、ブラジルでは性的な意味をもつ仕草になります。人を呼ぶ時には、手のひらを上に向けて、招く仕草をした方が無難です。

■その他の豆知識
boa sorte

ブラジルの幸運のお守り

また逆に、日本では卑猥な意味を持つけれど、ブラジルでは一般的に使われてる仕草もあります。それが、握りこぶしを作り、親指を人差し指と中指の間から出すもの。これは、ブラジルでは「グッドラック!幸運を!」という意味で、お守りにもなっています。お土産にもらっても、驚いたり、怒り出したりしないで下さいね。

>>>次のページに続きます。