旅行前に知っておきたい、ブラジルの気候

sp spring

春を彩るイベーの花(撮影サンパウロ市内)

カーニバルやビーチ、ジャングルのイメージが強く、常夏の印象を与えがちなブラジルですが、広い国内には冬になると氷点下まで気温が下がる場所もあります。
国土が南半球にあるため、赤道が通過する北部が最も暑く、南回帰線が通過する南東部、更にアルゼンチンやウルグアイと国境を接する南部へと下るに連れて寒くなります。

さらに地形も起伏に富んでおり、高地に発展した街や海流の影響を受ける海沿いの街など、緯度はそれほど変わらなくても、気候が違う場合も多々。

こちらでは、日本人観光客の多い街を中心に、各地の気候についてまとめてみました。

サンパウロ市の気候

Av. Paulista

雨のパウリスタ大通り

日本の大部分と同じ温暖湿潤気候に属するサンパウロ。基本は、日本と季節が逆になっているような気候です。南回帰線の近くですが高地にあるため一年を通して比較的温暖で、訪問を見送るほど極端に不快な時期は、ないと言えます。

初夏の11月から3月初旬までは、30度を超える日も多いです。日差しが強い反面、湿度が低いので、影に入ればそれほど過ごしにくくはありません。ただし、スコール(夕立)が降ることも多く、雨の前は多少蒸すかもしれません。

6~8月の冬期は、かなり乾燥しています。暑さを凌ぐ作りの建物が多いため、日中の平均気温は15度ほどですが、かなり寒いと感じるはずです。街では、セーターやコートにブーツを履く人々を見かけます。

とはいえ「1日のうちに四季がある」と言われるサンパウロ。以上を基本にしながらも、急に暑くなったり寒くなったりするので、重ね着を基本にしたパッキングをお勧めします。

 

リオ・デ・ジャネイロ市の気候

Rio de Janeiro

青空にプールや海が映えるコパカバーナ

サンパウロからそれほど離れていないものの、海岸沿いに広がるリオ・デ・ジャネイロは、サバナ気候に属しています。夏は暑くて雨が多く、冬期は乾燥するのが特徴です。

年末年始からカーニバルが行われる夏場は日差しが強い上に湿度が高いため、日中外出すると不快に感じるほどです。とは言え、夕方以降は暑さも比較的落ち着くので、カーニバルを含む夜遊びやビーチがメインであれば、夏場の観光を避ける必要はありません。一方で、12月は雨が続く傾向があるようです。

冬~春は、比較的過ごしやすく、街を巡るならお勧めの季節。ただし、寒流の入り込むビーチなので、海に入って遊ぶには向きません。