ブラジルのファーストフード事情

burger

ブラジルでも定着しているファーストフード


ブラジルの都市部には、既に多数のグローバル・ファーストフードチェーンが進出しています。例えば、バーガーやサンドイッチ系だと「マクドナルド」、「バーガーキング」、「サブウェイ」、ピザ系だと宅配に加え、店頭でも食べられる「ドミノ・ピザ」や「ピザハット」などがあります。またサンパウロには、牛丼チェーンの「すき家」も店舗数を増やしています。

庶民にとって外国資本のファーストフード店は、まだまだ「おしゃれ」な外食先。お値段も安くはありません。参考までですが、ビッグマック指数は、世界第4位で約613円(2015年1月時点)となっています。

もちろん、ブラジル生まれのファーストフード店も多く、根強い人気です。ローカルな軽食スタンドに立ち寄るのも楽しいですが、今回は広域で事業展開をしていて、かつ安心できる現地のチェーン店を紹介していきますね。

なお、これらのファーストフード店は、路面店はもちろん、ショッピングモールのフードコートや空港、病院などにも入っています。各チェーンのサイトで最寄店の検索も可能ですよ。

ブラジルのハンバーガーショップ

bobs

ブラジルのバーガーチェーンBob's

現地のバーガーチェーンでは、「ボブス(Bob’s)」と「ジラファス(Giraffas)」が最も有名です。

sobremesa

甘党のブラジル人に人気があるデザート

「ボブス」は、ウィンブルドンの元チャンピオン、ロバート(ボブ)・ファルケンバーグ氏が創業したブラジル初のファーストフードチェーンです。ハンバーグやフライドポテト、ミルクシェークなどが主要商品で、日本でも馴染みのあるラインナップです。ブラジルらしさを求めるなら、マラクジャと呼ばれるパッションフルーツを使ったデザートや、アサイーのシャーベットにトライしてみてはいかがでしょうか。

giraffas

ブラジル料理も提供する「ジラファス」

「ジラファス」は、2匹のキリンが目印のハンバーガー&ブラジル料理のチェーン店。メニューには、ブラジル風バーベキューの肉とライス、フェイジャン(煮豆)、ファローファ(炒めたマンジョッカ粉)などがセットになった、その名も「Brasileirao(大きなブラジル)」というラインもあります。また、子供向けのプレートディッシュもあり、小さい子供連れのお客さんも多いようです。

ポン・デ・ケージョ ショップ

casa do pao de queijo

ポン・デ・ケージョを売りにしたファーストフードチェーン

ポン・デ・ケージョは、ブラジル全土で愛されるもちもちとしたタピオカ粉の入ったチーズパン。このパンを中心にしたファーストフード店は、ブラジルならではといえるでしょう。
最も大きなチェーン店は、「カザ・ド・ポン・デ・ケージョ(Casa do Pao de Queijo)」。食べやすいミニサイズのものや、ヘケジャン(ソフトチーズ)やドーシ・デ・レイテ(砂糖入り牛乳を煮詰めたクリーム)の入ったものなど、ポン・デ・ケージョのバリエーションも楽しめます。

rei do mate

ブラジル人デザイナー、ホナウド・フラガの手がけたRei do Mateのユニフォーム

また、「ヘイ・ド・マテ(Rei do Mate)」というマテ茶ドリンクを売りにしたチェーン店にも、12個のミニ・ポン・デ・ケージョが紙コップに入った「コパン・デ・ポン(Copao de Pao)」という人気商品があります。

なお、ポン・デ・ケージョは、パン屋さんやランショネッチ(軽食店)の定番商品でもあり、どこでも比較的ハズレのないスナックだと思います。

各国料理のファーストフード

habibis

ブラジルで人気のファーストフードチェーン「アビビス」(撮影:Mina Komatsu)

多民族国家のブラジルには、ちょっと意外なファーストフードチェーンもあります。例えば、ブラジル全土で人気の「アビビス(Habib’s)」は、中東料理をメインに提供しています。様々なフレーバーのエスフィーファやキビから、フムスやタブーリサラダまで気軽に楽しむことができます。

makis place

テマケリア(手巻き店)マキズ・プレイスを利用するサンパウロの学生仲間

また、前述の「すき家」は、日本からやってきた和食チェーンですが、南東部を中心にブラジル生まれの和食チェーンもあります。「コニ(Koni)」や「マキズ・プレイス(Maki's Place)」のファーストフード感覚で提供される手巻き寿司(テマキ)には、日本人には思いつかない フレーバーも多く揃っています。例えば、ナチョスとタバスコの入った「ナチョマキ」や、サーモン、マンゴー、ブリーチーズ、マカデミアナッツを合わせた「スイート」などいかがでしょうか(ともにマキズ・プレイス)。思った以上にハマるかもしれませんよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。