遂に完成! 浅草コブラーのオリジナルが凄い!

ジ・浅草コブラー オリジナルシューズ

こちらがオリジナルのシューズの一例。美しいフルブローグです。

靴修理で人気&信頼のある工房、ジ・浅草コブラーからオリジナルシューズが販売された。既製靴ではなくオーダーメイドシューズだ!

ただし木型を削るビスポークシューズではなく(ただし別途料金で木型持ち込みもあり)、サンプルシューズを試着してサイズとフィット感を確認し、場合によっては微調整するという方法。オプションで、乗せ甲などの微調整は可能なので、パターンオーダーシューズよりもフィット感のある靴が完成するのだ。

製法は、フルハンド(ハンドソーンウェルテッド製法)と九分仕立て(アウトソールのみマシンで縫う)の2種類を用意(他にマッケイ、ブラックラピド製法もある)。ともに製作は国内の靴職人が行っている。

今回お願いしたモデルは、フルハンドのフルブローグ(ウイングチップ)。ただし紐部分を囲むようにデザインされたアデレード(琴形)にしてもらった。先端の穴飾りの模様は持参した旧チャーチの靴を参考にしてもらい、アッパーの素材はチェリー色のダッチカーフ(標準仕様)を選んだ。

アウトソールはチャネルの半カラス仕上げ(オレンジ色が綺麗!)。ヒールカウンター(踵芯・革)はフィット感を高めるためロング仕様にした。

アッパーのデザインは自由なので、お気に入りの一足や写真などを持参することをおすすめする。で、ボクの場合、職人の石郷岡さんが、好みを熟知してくれていたので、結果的に自分好みの一足が完成したのだ!

ジ・浅草コブラー オリジナルシューズ

フルブローグ、セミブローグ、キャップトウ、Uチップ、チャッカブーツなどデザインは自由。

パターンオーダーの場合は、価格がお手頃な分、革を選べるだけだったりすることが多く、製法もグットイヤーウェルテッド製法がほとんど。一方のビスポークの場合は、木型を削って仮縫いまで行うためジャストフィットな一足が手に入る可能性が高いが、価格も高額なものになってしまう。

「ジ・浅草コブラー オリジナルシューズ」はその中間に位置するものだ。オプションでいろいろプラスしていくと価格が上がってしまうが、それでも技術的なクオリティーを考慮すればかなりコストパフォーマンスが高い。

次ページで、オリジナルシューズの仕様につい詳しく書きたい。