国内移動だけでも時差ぼけになることも

カナダ主要都市の移動時間と時差

カナダ主要都市の移動時間と時差

上の図のように、カナダは広く、国内の移動だけでも、時差が3時間あります。ここには書いていませんが、オンタリオ州とケベック州の東部も含めると、最大4時間半の時差があります。しかも、トロントからカルガリーへ移動するだけで、飛行時間が4時間……。これは日本からサイパンや台北に飛ぶのと変わらず、いかにカナダの国土の広いかがおわかりいただけるのでは?

バンクーバーからカルガリーなら飛行時間1時間半、時差1時間なので、これくらいの移動に留めておいたほうが、無難です。

とにかく長い日照時間

バンクーバーの夏の夕暮れ。これで21時過ぎ!

バンクーバーの夏の夕暮れ。これで21時過ぎ!

カナダは緯度が高く、全国的に時計を1時間進めるサマータイムを採用していることもあって、昼間が長い! カナダとしては緯度が低めのバンクーバーでも、夏至のころは22時ごろまで明るく、長い時間、外で遊ぶことができます。

ただ、逆に言えば、お子さんの寝かしつけに苦労する部分でもあります。「まだ、明るいのに、どうして寝ないといけないの?」と、お子さんに言われかねないので、ご注意を。

食べ物と飲料水

トーストにチーズをはさんでカリッと焼いたグリルリーズは、こちらのキッズメニューの定番

トーストにチーズをはさんでカリッと焼いたグリルリーズは、こちらのキッズメニューの定番

カナダはほとんどの場所で、水道水をそのまま飲むことができます。また、食べ物も選り取り見取り。ホットドッグ、ハンバーガー、パスタなど、キッズ向けのものなら、どこでも手に入りますし、和食、中華などのご飯系のものも、ほとんどの町にレストランがあります。最近では、スーパー、コンビニでもカリフォルニアロールのような寿司を販売していることもあるほど! 好き嫌いの多いお子さんでも食べられそうなものが必ずあるので、食べ物については、あまり神経質にならなくても良いでしょう。

これらの注意事項を踏まえ、次は子連れ旅行におススメのカナダの観光地ベスト5をご紹介します。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。