これからの「こじらせ女子」と「絶食系男子」

こじらせ女子

人生の壁にぶち当たったことはありますか?

「こじらせ女子」にしても「絶食系男子」にしても、それぞれが自分の世界をとても大切にしていることが分かります。趣味の合う仲間、同じ境遇の友達とネットのやりとりもとても大事なことでしょう。

昔はある程度の年齢になったら結婚しなければならない状況に追い込まれたり、便利な道具を持てなかった時代は自分で問題を解決していかなければ生活が破綻します。でも、治安のいい土地で健康に問題なく暮らしていれば、必死で乗り越えなければならない壁を見つけられない人も多いのです。

乗り越えられない壁を見つけるのは、面倒なことだし、リスクも伴います。でも、自分の限界だと思っていた場所を超えるというのは人生でも貴重な瞬間だし、世界が違ってみえるはずです。

また、恋愛は無理矢理するものではないけれど、恋愛する必要を感じないのは、まだ今までの自分を塗り替えたいほどの人と出会っていないから。過去の恋人に傷つけられたことがあったとしても、そんなツライ過去が吹き飛ぶくらいの新しい恋が待っているかもしれないのに自ら拒むなんて、もったいないような気もします。

年齢に関係なく「女子」と「男子」でいられる時代なので、ネットでのやりとりを楽しみつつ、現実の壁も乗り越えられる強さがあれば将来も安泰でしょう。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。