最後に、Tablesorterの各種オプション機能をご紹介いたします。

「特定の列はソート対象から外す」機能を使う

指定の列をソート対象から外せる

指定の列をソート対象から外せる

何も指定しなければ、すべての列がソート対象になります。しかし、中にはソート対象にしても意味がない列もあるでしょう。そのような列はソート機能の対象から外すこともできます。

特定の列に対してだけソート機能をOFFにするには、Tablesorterを実行するJavaScript部分に、以下のような書式でオプションを記述します。
<script type="text/javascript">
   $(document).ready(function() 
      { 
         $("#sampleTable").tablesorter({
            headers: {
               5: { sorter: false },
               6: { sorter: false }
            }
         });
      } 
   ); 
</script>
上記では、左から6番目と7番目の列に対してだけソート機能をOFFにします。ここで指定する列番号は「0」から始まるため、「5」と記述すれば「左から6番目」の列を、「6」と記述すれば「左から7番目」の列を指定したことになります。紛らわしいので注意して下さい。

上記のソースを記述したサンプルページを以下に用意しています。
Tablesorterを使ってソート可能な表を掲載したサンプルページ3

「最初からソートしておく列を指定する」機能を使う

デフォルトでソートされる列を指定できる

デフォルトでソートされる列を指定できる

標準では、ページを読み込んだ直後はどの列もソートされておらず、HTMLソースに記述された順番で表示されています。

ページを読み込んだ直後に自動的にソートしておくこともできます。その場合は、Tablesorterを実行するJavaScript部分に、以下のような書式で「列番号」と「昇順・降順」を指定します。
<script type="text/javascript">
   $(document).ready(function() 
      { 
         $("#sampleTable").tablesorter({
            sortList: [[3,1]]
         });
      } 
   ); 
</script>
上記は、「左から4番目の列」を「降順」でソートする指定です。列番号は「0」から始まるため、「3」と記述すれば「左から4列目」の意味になります。また、「降順」は「1」、「昇順」は「0」です。したがって、以下のように[1,0]と記述すれば、「左から2番目の列」を「昇順」でソートする指定になります。
sortList: [[1,0]]
ソートの基準にする列を複数指定しておくこともできます。例えば、以下のように記述すると、「6列目を昇順」でソートした上で、「5列目を降順」でソートしておけます。
sortList: [[5,1],[4,0]]
上記のソースを記述したサンプルページは以下に用意しています。
Tablesorterを使ってソート可能な表を掲載したサンプルページ4

「複数の列を同時に基準にしてソートする」機能を使う

複数列を基準にしてソートできる

複数列を基準にしてソートできる

標準の設定では、ソートの基準には1つの列しか指定できません。しかし、同値の多い列でソートした場合には、さらに第2基準を使って追加ソートしたい場合もあるでしょう。

Tablesorterを実行するJavaScript部分に、以下のように記述すると、キーボードの[Alt]キーを押しながらヘッダをクリックすることで、複数の列を基準にしてソートさせることができるようになります。
<script type="text/javascript">
   $(document).ready(function() 
      { 
         $("#sampleTable").tablesorter({
            sortMultiSortKey: 'altKey'
         });
      } 
   ); 
</script>
上記では「altKey」と記述しているので[Alt]キーが対象になっていますが、「ctrlKey」と記述すれば[Ctrl]キーを、「shiftKey」と記述すれば「Shift]キーを使うように設定できます。

上記のソースを記述したサンプルページは以下に用意しています。
Tablesorterを使ってソート可能な表を掲載したサンプルページ5

table要素で作られた表にもソート(並べ替え)機能を付加できる

今回は、table要素を使って作られた表にも、Excelなどの表計算ソフトと同様にソート(並べ替え)機能を加える方法として、Tablesorterスクリプトの使用方法をご紹介いたしました。ぜひ、活用してみて下さい。

【関連記事】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。