1、2年生の間に大学情報やセンター試験について調べてみる

受験までの大まかなステップを理解し、親子で話し合いながら全体的な受験スケジュールを立てたら、できればその当日から「今できる」受験準備に着手することをおすすめします。たとえば、進路指導室でインターネットを使い進学情報のホームページを調べてみる、大学入試の種類や方法の下調べをするなど、1、2年の間でもできる受験対策はたくさんあります。

来年1月中旬にはセンター試験が実施され、翌日には問題と解答、配点が発表されます。そこで3学期には、実際に出題された問題をチェックし、問題の形式や内容を把握しておくとよいでしょう。ただし、センター試験の科目や解答方法は、最新の実施要項で必ず確認するようにしてください。

受験への準備はこれからなので、焦る必要はありませんが、意識は常に持つようにしましょう。少しくらい遅れても後から挽回のチャンスはいくらでもあります。ときどき進捗状況を親子で確認し、必要な軌道修正を加えながら準備を一歩一歩前に進めることが成功をつかむカギといえます。

▼大学進学の情報収集は、大学パンフレットの請求からスタート!▼
大学パンフレットは、インターネット版「逆引き大学辞典」から請求しよう!
→請求はコチラから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。