メサアーチがが外せない! キャニオンランズ国立公園

朝日の時間が美しいメサアーチ

朝日の時間が美しいメサアーチ

キャニオンランズ国立公園は、アメリカユタ州にある国立公園で、「インディージョーンズ・失われたアーク(1981年)」のエンディングの戦いが行われた場所です。最近では、「127時間(2010年)」の舞台としても登場します。

アクセス

最寄りの町は、ユタ州のモアブで、アーチーズ国立公園もすぐ近くにあります。モアブまでは、ラスベガスやソルトレイクシティから車で約5時間。レンタカーを利用するのが一番便利です。

また、モアブの北に小型飛行機専用のキャニオンランズフィールドエアポートがあり、そこまではコロラド州のデンバーとアリゾナ州のプレスコットから1日数本の飛行機が出ています。そこからモアブやキャニオンランズ国立公園まではタクシーやレンタカーを利用します。

キャニオンランズの3つのエリア

キャニオンランズ国立公園の面積は約1400平方キロメートル。大きく分けて3つのパートに分かれていて、アイランドインザスカイ、メイズ、ニードルズと呼ばれています。それぞれのエリアは、キャニオンランズを作ったグリーンリバーとコロラドリバーで隔たれていて、互いに行き来することはできません。旅行者のほとんどが、アイランドインザスカイを訪れるので、ここではこのエリアのみを紹介します。

空の上の島! アイランドインザスカイ

モアブから車で約30分の距離にあります。公園内には、高台からキャニオンを見下ろす場所に展望台がいくつもあり、それに続く道は、すべて舗装されています。ですが、その道から反れたところに4DWでしか入れない未舗装道路もたくさんあり、そこを行けば、川の方へ下って行くことができます。下まで行くと、上の展望台から見るのとは全く違う、大迫力の風景を間近で見ることができます。公園内は、未舗装道路を入って行かなければ、約2時間で、すべてのビューポイントを見学できます。

朝日の時間が最高!メサアーチ

キャニオンランズ国立公園の最大の見どころがメサアーチと呼ばれるアーチです。ここはサンライズの時間に正面から太陽が当たり、アーチの間を太陽の光が差し込みとても綺麗です。サンライズの20分前には到着し、大地が徐々に赤くなる様子を見るといいでしょう。ベストポジションで写真を撮りたい人は1時間ぐらい前からポジショニングをした方がベターです。

まるで恐竜の足跡のよう
グランドビューポイントアウトルック

公園内一番奥のポイントグランドビューポイントアウトルック

公園内一番奥のポイントグランドビューポイントアウトルック

国立公園の一番奥にあるえぐられたような渓谷が見えるポイントです。平たい斜面の上を巨大恐竜が歩いたかのような形をしています。

キャニオンランズ国立公園の入り口近くには、グースネック州立公園というコロラド川が蛇行するポイントもあるので、一緒に行くと良いでしょう。

<DATA>
Canyonlands National Park(キャニオンランズ国立公園)
料金:車1台10ドル、それ以外1人5ドル
時間:24時間オープン
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。