慶應義塾幼稚舎の願書配布時期

2009年 9月10日木曜日から 10月2日金曜日まで。幼稚舎事務室にて1000 円で配布。時間帯は9時~16時(土、日曜日・祝日は休み)。

慶應義塾幼稚舎、受験(入試)内容とその狙い

受験は月齢考慮(年齢による発達段階の差に配慮して生まれ月に応じた試験を行ったり、試験結果に生まれ月を考慮したりする制度)が適応されます。入試内容は、
  • 行動観察(5人前後での協同作業など)
  • 模倣体操(リズムに合わせて先生の指示を真似る体操)
  • 制作(絵画や工作など)
  • サーキット運動(指示された運動コースに従ってボール投げやジグザグ走りなどさまざまな運動を連続して行うもの)
です。どの試験内容も幼児としては難易度が高く、無視できないのが驚異的な入試倍率。例年約2500名もの志願者があり、男子定員96名、女子48名に対し、男子実質倍率約13倍、女子は約20倍となっています。

入試の狙いは、一言でいえば受験者(家庭の教育方針)の「独立自尊」を確かめることといえるでしょう。5~6歳の子どもなりの「独立自尊」の程度が試されるわけです。具体的には、先生の指示を理解し、課題に対してひたむきに取り組む力、自分で解決しようとする力、集中力、創造力、協調性、基礎体力・運動能力・スポーツを楽しむ態度などが試されます。

入試には十分な準備が求められますが、かといって本人の持ち味、子どもらしさを失わないよう注意が必要。『福翁自伝』(福沢諭吉の自叙伝)にあるような「興味」「喚起力」がある子どもを求めているようです。

慶應義塾幼稚舎の学費

  • 入学金         340,000円
  • 授業料 (年額)    940,000円
  • 施設設備費 (年額) 130,000円
  • 教材費 (年額)     16,480円
  • 文化費 (年額)     20,000円
  • 給食費 (年額)          90,000円
  • 初年度納入金合計 1,536,480円
上記金額は在学中に改変されることもあります。ご注意ください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。