職人が手仕事で作りあげた手工芸品に注目!
世界遺産マラッカのお土産

マラッカのお土産で注目したいのは、職人が作る美しい手工芸品。最近は後継者が少なく、後世にどのように技術を伝えて行くかが課題なのだそう。お土産探しをしながら、受け継がれてきたマラッカの歴史にも想いを馳せましょう。

それでは、おすすめのマラッカお土産をアイテムごとにご紹介。それぞれに購入できる店舗情報を記載しましたが、これ以外の店でも購入可。好みに合うお気に入りを探してみましょう。

マラッカお土産1 ニョニャ・クバヤ

ニョニャ・クバヤ

ニョニャ・クバヤにデザインされている刺繍は、花、蔦、果物など南国マレーシアならではのモチーフ。1着約100リンギ(約3000円)~

ニョニャ・クバヤとは、透け感のあるレースの生地に、繊細な刺繍がほどこされた女性用のシャツ。ニョニャ民族の伝統衣装で、その美しい刺繍は“着る宝石”とも称されています。体のラインにフィットするスリムなデザインで、手首につけたブレスレッドが見えるように袖丈は短め。伝統衣装といえども、今もなお、パーティーや結婚式などのお洒落着として着用されているアイテムです。当地ではロングの巻きスカートに合わせますが、ジーンズや普段のスカートの上にサラッと羽織っても素敵です。

<DATA>
Colour Beads Enterprise (カラービーズ・エンタープライズ)
住所:84, Jalan Tun Tan Cheng Lock, 75200 Melaka
TEL:+60(6)281-2172
営業:9:00~19:00(月~木)、9:00~20:00(金~日)

■J Manik (ジェイ・マニック)
住所:23, Jalna Hang Lekir
TEL:+60(6)282-7570
営業:10:00~18:00、10:00~20:00(土)
不定休

マラッカお土産2 ニョニャ・ビーズサンダル

ニョニャ・ビーズサンダル

中国での縁起物である金魚、鳳凰、牡丹などがモチーフに。ビーズが小さく刺繍スペースが大きいほど高額になる。1足195リンギ(5850円)~

ひとつひとつのビーズを手で縫い付け、ビーズの色で模様を描いたビーズサンダル。非常に手間のかかる手工芸で、直径1ミリ以下の極小ビーズを使ったものになると、仕上げるまでに約4ヶ月もかかるそう。このレベルのサンダルになると、値段も600リンギ(約18000円)と高額で、まさにマレーシアが誇る、伝統工芸品なのです。最近のビーズサンダルは踵部分にクッションが入っていて、履き心地にもこだわっています。

上記の「カラービーズ」、「ジェイ・マニック」などで購入可。
※カラービーズ店では、デザインによってヒールの高さや中敷の色を選ぶことが可能。仕上がりまで1日かかるので、注文は早めに。