上野公園『うえの華灯路浮世絵行燈(はなとうろ うきよえあんどん)』

『うえの華灯路浮世絵行燈』

高さ1mを超える大型行燈も設置されている『うえの華灯路浮世絵行燈』

浮世絵行燈

しのばず口から入ってすぐの袴腰広場から続く華灯路浮世絵行燈

秋から冬にかけては、公園内の上野恩賜公園内噴水広場南側から袴腰広場にかけての道を浮世絵行燈の灯りに照らされながら歩くことができます。
日本で初めての公園であり景勝豊かな上野公園には、江戸時代から自然に人々が集い、明治時代には博覧会など近代化の拠点としても華やいでいたといいます。当時の賑わいは浮世絵として数多く描かれています。
今年で開催7年目となる『うえの華灯路浮世絵行燈』の点灯は2014年2月27日(木)まで。ぜひ一度訪れて灯りの中を散歩してみてください。

≪DATA≫
『うえの華灯路浮世絵行燈(はなとうろ うきよえあんどん)』

場所:噴水広場南側から袴腰広場
期間:2013年10月4日(金)から2014年2月27日(木)
点灯時間:17時から21時まで

上野恩賜公園


夜の上野公園を楽しんでいただけましたか。
実は『東京スカイツリー』を観ることができる場所は、ご紹介したスポットの他に、不忍池、上野動物園など上野公園のいたる所にあります。散歩をしながら撮影スポットを探してみても楽しめそうです。
夜デートも楽しめる公園に生まれ変わった上野恩賜公園に彼氏彼女を誘っておでかけください。夜桜のライトアップもすばらしく、桜のシーズンもオススメです。

※上記データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。