転職先を自分で探す

薬剤師undefined転職

薬剤師の転職活動に、ネットの利用は欠かせない

現在は、多くの薬剤師がインターネットを使い転職先を探しています。

しかしながら、「薬剤師・求人」などのキーワードでヒットする多くは、紹介会社のサイトやそのランキングサイト等であることが多く、希望する薬局、会社名等(せめて希望勤務地など)がはっきり定まっていない場合、検索してもうまく絞れず、めぼしい転職先候補を具体的に見つけるには時間がかかります。

もちろん、業界紙などで知った特徴ある薬局運営をしている会社など、具体的に入社を希望する会社があれば、その会社のホームページを見て直接問い合わせるのが早いでしょう。

中小規模の病院や薬局の場合、ホームページ等で薬剤師の募集が出ていても、それらの更新が追い付いていないだけで、求人はすでに終了していたということが少なからずあるので、興味のある求人には早めに連絡をしてみることが肝心です。


公的機関を利用して探す

薬剤師undefinedハローワーク

薬剤師会、ハローワークには地域の薬局、病院の求人が多い

転職先を自分で探す方法として、転職を希望する地域の薬剤師会に問い合わせる方法やハローワークを利用するといった方法もあります。

これらの機関は、求人情報の掲載に費用がかからないため地場の薬局が依頼していることが多く、インターネットの求人情報よりローカルな情報に当たることがあります。

これらをチェックすると、ネットでは見られない地元の意外な求人に出会えるかもしれません。

他にも、ハローワークでは「求人票と勤務条件が違う」等のトラブルにも相談窓口があるので困ったときは相談することもできます。どちらも無料で利用できるので、自宅近くで働きたいなどの理由で地域を限定して求職中の方には、最寄りの薬剤師会やハローワークを一度、訪ねてみることをお勧めします。

卒業大学を利用して探す

薬剤師undefined大学求人

薬剤師の場合、大学にきている求人でも既卒者が応募できるものが多い

大学の就職支援室には多くの企業や病院、薬局から求人票が集まります。もちろん、新卒者を対象にした求人が多いのですが、卒業生でも応募できる求人があるというのは、あまり知られていません。

また、薬局・ドラッグストア各社・製薬メーカーなど様々な企業からの求人票だけでなく、会社案内なども届けられており、業界のトレンドを知るうえでも参考になります。

また、このようなところでは卒業生の進路を把握しているので、希望する転職先に卒業生がいれば、転職前に生の声を聞くことができるというメリットもあります。

卒業してから時間がたっていると、大学を訪れる機会は少ないと思いますが、ぜひ一度立ち寄り、転職に役立つ情報を見つけてください。