タブレットPC/おすすめタブレット・電子書籍端末レビュー

IGZO液晶を搭載したASUSの合体型Androidタブレット(2ページ目)

ASUSが10月中旬に発売するAndroidタブレット『ASUS Pad TF701T』は、10.1型で2,560×1,600ピクセルのIGZO液晶ディスプレイと1.9GHzで4コアのTegra 4を搭載した、ハイエンドのタブレット。専用のキーボードドックが付属し、ドッキングすることでノートPCのようなクラムシェルスタイルでキーボード入力が利用できる。

青山 祐輔

執筆者:青山 祐輔

タブレットPCガイド

旧機種からスペックダウンしたところも

その他、スペックで気になる点に触れておこう。BluetoothとWi-Fiのスペックは、それぞれVer 3.0とIEEE 802.11b/g/a/n対応となっており、いずれも最新規格(Bluetooth 4.0とIEEE 802.11ac)には対応していない。すでに発売されている他社の最新機種の中には、いずれの技術に対応しているものがあるため、見劣りすることは否めないところだ。
ASUS Pad TF701T

本体のみだと一般的な10型のタブレットに見えるが、超高解像度のIGZO液晶の美しさは際立っている

またカメラの仕様も、イン/アウトともにそれぞれ200→120万画素、800→500万画素へと、旧機種からスペックダウンとなっている。実使用上は大きな差はありませんが、カメラにこだわりを持つ人にとっては、気になるところではある。

さて、実際の使ってみての感想だが、パフォーマンスに関しては前述の通り現在のスマホ/タブレットの中では最高クラスであり、不満を感じることはほぼないだろう。ストレージも32GBとなっており、アプリのダウンロードやドキュメントの保存といった用途ではほとんど不満はなく、また本体にはmicroSDXCカードスロットが、キーボードドック側には、SDHCカードスロットが搭載されているので、重要ではないデータはそれぞれのスロットにSDカードを搭載することで、容量不足を回避できる。

タブレットスタイルで使用した場合、単体で約585gという重量は、他の10インチタブレットより重いわけではない。しかし、ずっと手に持ち続けるには、少々辛い重量なのは確かで、TF701Tを使った後に画面サイズ4インチのスマホや7インチのタブレットに持ち替えると、正直なところホッとすることは否めない。

また、キーボードドックとドッキングさせクラムシェル型とした場合、約1.1kgという重量になる。最近のWindows搭載のUltrabookが1kgを軒並み切っている中では、軽さにおいてはアドバンテージはないが、最大で17時間のバッテリー駆動というのは、Windowsノートにはなかなか真似のできないところ。実際の動作時間は利用状況に応じて短くなるが、一般的な仕事で利用ならば、外回りや出張で丸二日間、充電なしでもギリギリ何とかなってしまうほどだ。
ASUS Pad TF701T

デフォルトのホーム画面

ASUS Pad TF701T

画面の上端から下にスワイプすると、独自の通知パネルが表示される。

ソフトウェアに関しても、ASUS独自に工夫が随所に見られる。OSはAndroid 4.2.2となっていますが、ホームアプリに関してはカスタマイズされたもの。基本操作は一般的なものですが、ホームボタンの長押しでアプリやファイルへのショートカットメニューが表示できたり、ホーム画面に独自のフローティングアプリを配置できたりといった特徴がある。
ASUS Pad TF701T

ホーム画面左下の三角ボタンとタップすると、フローティングアプリのランチャーが表示される。このアプリはホーム画面の好きな場所へアイコンなどの上に重ねて置ける

また、プリインストールアプリも充実しており、手書きメモやアプリロックツール、ASUS独自のクラウドストレージアプリの他、電子書籍やゲームセンターアプリも用意されている。オリジナルアプリは、いずれも高機能で十分に練られているものなので、一度使ってみることをオススメする。
ASUS Pad TF701T

アプリ一覧。プリインストールのアプリが充実している

一方、気になるところもある。ひとつ目がBluetoothが3.0までの対応となっているところだ。最近は、Bluetooth 4.0に対応した省電力仕様の周辺機器が増えてきており、TF701Tではその恩恵が受けられない。ふたつ目に気になるのが、独自の給電コネクタだ。ASUSのTransformerシリーズは初代から同じ給電コネクタになっており、いざという時の入手が難しいのが残念だ。

キーボード+長時間駆動にこだわる人へ

さて、最後にまとめよう。「ASUS Pad TF701T」はプロセッサの性能と2,560×1,600ピクセルの10.1型IGZO液晶という、最高レベルのパフォーマンスを備えている。加えて、追加バッテリ内蔵のキーボードドックとあわせて利用することで、ノートPCスタイルでの長時間利用も可能にする。

したがって、キーボードは必要だけど、ノートPCほどの汎用性や拡張性は不要で、特に書くバッテリーで長時間利用したいという人には、最適な選択肢になるだろう。移動が多くて、あまりオフィスに戻れなかったり、行動範囲に電源の取れる場所が少なかったりという人にオススメだ。

 


【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で人気のタブレット PC を見るAmazon で人気のタブレット PC を見る
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます