相変わらず、チノパンブームが続いていますが、今回は今年流のチノパンの選び方と穿き方について解説します。2010年8月の記事「今年のクロップドはきれいめで決める!」では、丈が短めのクロップドパンツやチノパンもロールアップして穿きましょう、という提案をしましたが、近頃ではチノパンのタイプや穿き方のトレンドも変わってきました。どのように変化して、今年の秋にはどんなチノパンを買って、穿けばよいのでしょうか? 今回はそんな悩みにお答えしたいと思います。

今年のチノパンに関するお悩み Q&A

Q どんなシルエットのチノパンを買えばよいのか?
A 細身ですっきり男の足もきれいに見せるシルエットのものを買いましょう。

チノパンと言えば、シルエットが比較的ゆったりとしたストレートタイプのパンツを思い浮かべる人が多いと思いますが、今年のチノパンの一番のポイントは男の足も美脚に見せる細身のチノパン。下半身をすっきり見せるのがコツです。

Q 素材や色はどんなものを選べばいい?
A 素材は風合いのあるもの、色はまずは定番カラー2色を揃えましょう。


今年のチノパンを選ぶときに気をつけたい次のポイントは、素材です。チノパンの素材は主にコットンですが、今年は表情のある生地、例えば少し起毛した生地とか、ギャバジンのような織柄のある生地、コーデュロイなどが人気となりそうです。また、カラーはド定番のカーキー、そして清潔感のあるダークネイビーがおススメの色です。まずはこの2色を取り揃えておけばコーディネートもしやすく、間違いありません。

2103年秋のチノパン

今年のチノパン選びのポイントはシルエットがすっきり見える細身のモノ。起毛だった表情のあるファブリックのものがおススメです。そして穿き方のコツは、少し裾がダブつくくらいに長めに穿くのが今年流です。



Q チノパンの丈はどのくらいにすればいい?
A 今年の秋のチノパンはロールアップしないのが原則。丈は少しダブつかせましょう。


今まで長々と続いてきたチノパンロールアップの流行もそろそろ終わりを告げそうです。どうしてもロールアップしたい人はほんの少しパンツ丈を細く巻き上げてください。でも、おススメは少し長めの丈のチノパンを買って、裾をダブつかせて穿きましょう。

定番アイテム、チノパンと言えども、時代によってシルエットや素材、穿きこなし方は変わってくるものです。2013年の秋のチノパンは、これら3つのポイントを参考にして穿きこなしてください。

【最近の記事】
今年の秋に着こなすダブルの紺ブレの選び方
今年大流行のカーディガン掛けのコツ
2013年夏、大人のショートパンツのトレンド





投資に興味のない未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方限定で受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで。投資に興味のある方からの募集は〆切りました)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月8日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。