・本日の鮮魚、シュークルート、ハモン・セラーノ
本日の鮮魚、シュークルート、ハモン・セラーノ

本日の鮮魚、シュークルート、ハモン・セラーノ

魚料理は「鱒(琵琶湖産)」! 低温でのレインボーな火入れではなく、皮目をシッカリと焼き上げた火入れで、身はしっとりとした仕上がり。やはり川魚系は強めの火入れが理想的ですね。そしてここでも主役の鱒に負けない存在感で、伝統料理のシュークルートが配置され、さらには生カリフラワーのスライス、そしてハモンセラーノからとったスープ、と職人のテクニックと、気の遠くなるような時間とコストのかかった超級の魚料理! 美味しいのはもちろん、その一つ一つの技法・構成力に感服しつつ、食べ終わった後には思わず「ブラーヴォ!」と心の中で叫んでしまったほどです。


・ピレネー山脈乳飲み仔豚、ハマグリ、カブラ
ピレネー山脈乳飲み仔豚、ハマグリ、カブラ

ピレネー山脈乳飲み仔豚、ハマグリ、カブラ

肉料理はピレネー山脈の乳飲み仔豚を使った一皿。柔らかい乳飲み仔牛は身は柔らかさを活かしたまま、皮目はパリパリにすることで、食感のコントラストが堪らない味わいに! そして、レモングラスを付与したソースも特筆物で、このソースが肉の旨味を一層引き立ててくれるのです。

肉料理にハマグリという魚介の付け合せも予想以上に良かったですし、蕪の瑞々しさも火入れの的確さゆえ秀逸。

盛り付けは最先端ともいうべき美麗なデザインですが、構成自体はソースの存在感が際立つ「ザ・フランス料理」。こういう料理こそ赤ワインと共にいただきたいですね。


・フロマージュブランのリ・オ・レ、ニワトコのエキス
フロマージュブランのリ・オ・レ、ニワトコのエキス

フロマージュブランのリ・オ・レ、ニワトコのエキス

そして一皿目のデザートは「リ・オ・レ」。フロマージュブランの風味と、リ・オ・レならではのむっちりとしたテクスチャ、そこにニワトコのエキスが加味されることで、定番のリ・オ・レも藤田シェフらしい一皿に。


・フランス産栗と洋ナシ
フランス産栗と洋ナシ

フランス産栗と洋ナシ

フランス栗と洋ナシの相性の良さと、アイスクリーム(グラス)の滑らかさが官能的なほど心地良い逸品。甘さ・香り・素材、その全ての調和が絶妙にとれており、とても繊細。ガーリーな盛り付けの中にあるエレガントな上質感。これぞフランス料理の、ガストロノミーのデザートでしょう。


次世代フレンチの序章

ドリンク

食後の飲み物は別料金。ドリンクには茶菓子が付いてきます。

フレンチバスクでの修業で素材の質の大切さを実感した経験から、古典料理の基本を尊重しながらも「軽くてしつこくない素材重視の料理」を心掛けられている藤田シェフ。「ビストロノミック」と銘打っておられるだけあって、雰囲気は肩の凝らないビストロですが、供される料理は手のかかったガストロノミー。フレンチの本場リヨンで認められた自信とあり余るエネルギーがほとばしるかのような料理を、信じられないほどの「大阪価格」で提供されていることには只々驚愕するばかりです。

また、店名の「アニエルドール(Agnel d'or)」とは13~15世紀に発行された貴重なフランスの中世金貨の名前。歴史と本質を大切にしたいとの思いを込めて名付けられたとのこと。マニアックな修業先にマニアックな店名、そして新しい料理(進化したフレンチ)を産みだそうというパッションとソウルで、はちきれんばかりの藤田シェフ。リヨンで知り合った若き料理人・田川さん(サービスも担当!)と共に、店は走り出したばかりです。今後の超進化がこんなにも楽しみな店も久し振りです。


<DATA>
・店名: アニエルドール
・所在地:大阪市西区西本町2丁目4-4 阿波堀住宅三栄ビル1F
・アクセス:大阪市営地下鉄「阿波座駅」徒歩約5分
・地図:Yahoo!地図
・TEL:06-4981-1974
・営業時間:12:00~14:00(LO)、18:00~21:00(LO)
・定休日:不定休
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。