許せないのは好きだから?

undefined

裏切られた気分はなかなか拭えないもの。すぐには信頼関係を取り戻せなくても焦らないで。

自分だけを愛していると思っていたはずが、他の異性に気持ちが向いていたなんて……。


恋人が浮気しているとわかったら、ショックを受けない人はいないと思います。しかし動揺のあまり自虐的になってしまったり、逆に相手がうんざりするほど追いつめてしまったら、その先に見えるのは「別れ」の2文字だけ。

「もう無理!」とお別れしてスッキリするならそれでもいいのですが、時間が経ち冷静になったときに後悔しても後の祭り。
しかし相手を許せない気持ちを抱えたままでは、付き合い続けるのも辛いもの。

「好き」だけど「許せない」。
そのふたつの感情は矛盾しています。

愛することと許すことは同義です。相手のすべてを許せるだけの愛情があれば、たとえ浮気されたという事実があろうと、自分なりに納得して許す気持ちになれるはず。

なのに「許せない」という気持ちがあるとしたら……、その意味として考えられるのはふたつ。ひとつは、本当は恋人のことを愛していない。もうひとつは、許せない感情の矛先が恋人ではない。

前者の場合、恋人の浮気のために別れてしまうことで「浮気相手に負けた」気分になりたくないという意地なのかもしれません。あるいは「ここまで付き合ってきた以上、別れるという結末にしたくない」というプライド、もしくは執着を愛情と勘違いしているのかも。後者の場合、本当に許せないのは恋人を誘惑した(かもしれない)浮気相手に対する感情なのかもしれません。

自分の素直な気持ちを分析するためには、恋人の立場、浮気相手の立場になったつもりでそれぞれの角度から今回のできごとを想像してみること。いったん辛い気持ちを封印し、事実を見つめ直してみましょう。

浮気されてもあなたの価値は変わらない

恋人の気持ちが他の異性に(たとえ一時期でも)傾いたという事実に、浮気をされたあなたは少なからずショックを受けたことと思います。だけど、恋人があなたの元を去っていないのであれば、結果としてあなたを選んだということ──それも事実です。

「好き」という気持ちはひとつではありません。恋人に対する「好き」と大ファンである俳優に対する「好き」が異なるように、恋人もあなたへの愛情と浮気相手への気持ちが同じベクトルではなかったために、浮気が成立した可能性もあります。

事実はひとつでも、あなたの捉える「恋人の浮気」と恋人にとっての「自分の浮気」は違います。いくら話し合いをしようと心の中までは吐露するとは限りません。恋人の心情を理解できなければ納得いかないかもしれませんが、追及することは決してふたりにとってプラスにはならないでしょう。

大事なのは、浮気をしたという過去より、あなたとこれからも恋人として付き合っていくという未来。恋人にとってのあなたの価値は変わりません。むしろ他の異性が現れたことで、あなたの価値に改めて気づいたのかもしれませんよ。