架空のスーパースターの成功から没落までの物語

■アルバム名
ジギー・スターダスト

■アーティスト名
デビッド・ボウイ 

■おすすめ理由

原題は「The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars」といい、デヴィッド・ボウイの5作目のアルバムとして72年にリリースされました。
「ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500」にて35位にランクされています。

「ジギー」という名はパンクの元祖イギー・ポップから、「スターダスト」はテキサスのミュージシャン、レジェンダリー・スターダスト・カウボーイが由来とされています。
異星からやってきた架空のスーパースター、ジギーとして、ロック・スターの成功からその没落までを描く物語を、コンセプトアルバムにした作品です。
それまでにボウイ自身が体験してきた音楽、俳優、絵画やパントマイム、日本の歌舞伎といった大衆芸能を網羅し、自らの作品へと結実させています。
どこか最初から遊び感覚が盛り込まれつつも、それなりになり切ってしまっているところが時代の寵児ゆえ、しかも内容は人間の普遍的な事をメッセ-ジした、かなり大真面目なのも聴きどころです。

参加したミュージシャンの一人、ミック・ロンソンもやがて影響力のあるギタリストとして名を挙げますが、93年に肝臓癌で他界「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第64位、2011年の改訂版では第41位にランクされています。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。