豪華な側面に圧倒される日本屈指の共同浴場

 

 

■スポット名
山代温泉古総湯

■おすすめポイント

石川県を代表する温泉郷が、加賀温泉郷(加賀市)です。
粟津温泉、片山津温泉、山代温泉、山中温泉の四温泉の総称ですが、
近年、温泉街中心部を再開発して大きく生まれ変わったのが、山代温泉です。

山代温泉の中心は湯の曲輪(ゆのがわ)と呼ばれ、共同浴場を中心にしたロータりーに
なっているのですが、その共同浴場を明治時代の風情で再現したのが、古総湯(こそうゆ)です。
「体験型温泉博物館」を標榜しており、浴室にはカランやシャワーも一切無く、ただ湯に浸かる
だけの本当に明治の共同浴場を忠実に再現しているのが嬉しい限り。このストイックな姿勢が、
温泉好きの琴線(ハート)に響くのです。

しかも、単に素朴な共同湯では無く、豪華な側面も併せ持っており、浴室内部は漆塗りで、
タイルは九谷焼、ステンドグラスも昔の色ガラスを再現したもので、加賀百万石の伝統文化の
裏付けを持つ、加賀温泉郷らしい歴史と文化遺産の殿堂になっており圧倒されます。
まさに「体験型温泉博物館」の名称に偽りがありません!

二階は入浴者専用の休憩所になっており、無料の水やお茶を飲みながら休憩出来ますし、
山代温泉街を一望する事も出来るのも嬉しい限り。このように古総湯は、いくら褒めても、
一向に褒め過ぎにならない、日本屈指の共同浴場なのです。


■山代温泉古総湯
住所:石川県加賀市山代温泉18-128
電話:0761-76-0144
営業時間:6:00~22:00
定休日:第4水曜午前中(午後から通常)
入浴料金:大人500円(二階の休憩室利用可能)
HP:http://www.yamashiro-spa.or.jp/model/soyu_tour/
※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。