他の商品には戻れなくなる優秀コスメ

 

 

■コツ・手順  
いつも使っているのは
「ボビーブラウンのウルトラファイン アイライナー ブラシ」と、
「ボビーブラウンのジェルアイライナー」です。
これは慣れると上手く引け、浮気が出来ないブラシだと思います。

昔、店頭でアイラインの引き方を教えて頂いて、
この商品を買うきっかけになり、それ以来ボビーブラウンです。

■アイラインの引き方
  1. 先ず、ブラシにジェルアイライナーを付け、
    瓶の口で筆先に付いた余分なジェルアイライナーを整えながら
    筆先を綺麗な形にします。
    (初めての場合は、手の甲で、ラインを描いてイメージと技術を高めて下さい)
     
  2. 綺麗な筆先になったら、目蓋の真ん中から描いていきます。
    これは、太く仕上げるエリアなので、少しぐらいの失敗は許容範囲だからです。
    次は、まぶたの真ん中から、目尻に向け小さくラインを刻んで描いて行きます。
    ほふく前進の様に筆先を使い、線に仕上げます。
    目尻の方から攻めてもOKです。やりやすい方向から少しずつ進みます。
    基本的には毛先の細いところを使い、小刻みに線を繋いでいきます。
     
  3. 目頭に向けても同様にまぶた中央から描くのですが、
    ここも一気に描かずに少しずつまつげに沿ってなぞるように描いていきます。
    一気にラインを描かなくても、少しずつ前進有るのみです。
    限られた毛先の部分を使えば、細くかけます。細すぎた場合は重ねて太くします。

■ポイント・効能
目尻と目頭の描き方で、イメージが変わります。
目尻のまつげすれすれまで描き、下まぶたと繋ぐとたれ目になります。
目尻を長く持っていけば、大女優風、短く描けば小悪魔風……。
目頭までしっかりくっきり入れると、目力が増し、
ナチュラルにしたければ少し短めに描きます。
もっと自然にしたければ、極細でまつげに沿って描きます。
インラインを入れると瞳が大きく見えます。

このブラシの良いところは、ブラシの反対側のヘッドです。
ヘッドの先で、ラインの修正が出来ます。
なんだかイメージと違ったり、片方だけ長くなった場合、
ヘッドを綿棒で修正時に使う要領で失敗したジェルを取ることが出来ます。
慣れると、かなり使い勝手のいいブラシです。


■ロングウェア ジェルアイライナー
メーカー:ボビイ ブラウン
価格:2940 円
購入可能場所:直営店や公式オンラインショップなど
HP:www.bobbibrown.co.jp/products/2328/makeup/eyes/eyeliners/index.tmpl

■ウルトラファイン アイライナー ブラシ
メーカー:ボビイ ブラウン
価格:3150円
購入可能場所:直営店や公式オンラインショップなど
HP:www.bobbibrown.co.jp/products/2281/brushes-etc/brushes-and-tools/eyes/index.tmpl


※データは記事公開時点のものです。