路線価

【ろせんか】

一般的に「路線価」といえば「相続税路線価」を指し、相続税および贈与税の算定基準となる土地評価額である。毎年1月1日を評価時点として、都市部の市街地では、ほぼすべての路線(公道)に対して価格が付される(路線価方式)。その他の地域の宅地については、倍率方式(固定資産税評価額に対する倍率を定める)による。

公示地価などの8割が目安とされ、1平方メートルあたりの金額(千円単位)で表示される。

「相続税路線価」とは別に「固定資産税路線価」も定められている。

>> 公示地価
>> 基準地価

【関連記事】
路線価・公示地価・基準地価の違いを知る!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。