嫌悪施設

【けんおしせつ】

それが身近に存在することについて、一般の人が嫌悪感や不快感、危険性などを感じるような施設・構造物・建築物を総称して「嫌悪施設」というが、感じ方の程度は一人ひとり異なるため、確定的な種類分けや線引きはできない。

また、それが立地するエリアの状況によっても異なるのであり、工場地帯に立地する工場を嫌悪施設と考える者はいないだろう。

住宅地における嫌悪施設には、ゴミ焼却場、火葬場、ガスタンク、下水処理場、火薬類貯蔵所、悪臭・騒音・振動などを発生させる工場、危険物を取り扱う工場、高圧線鉄塔、墓地、ガソリンスタンド、その他大気汚染や水質汚濁・土壌汚染の原因となる施設、住宅地のイメージを損なう施設などが該当する。

また、状況によっては大型車両の出入りが極めて多い倉庫や、バスの車両基地などを含めて考えるべきケースもある。

一般的に嫌悪施設の存在は不動産価格のマイナス要因となる。

【関連記事】
近くに墓地があれば重要事項として説明される?
ゴミ屋敷の存在は重要事項説明の対象なの?



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。