渓流沿いの絵になる露天風呂が名物

 

 

■スポット名
二岐温泉 大丸あすなろ荘

■おすすめポイント

二岐温泉は福島県の山中の秘湯です。秘湯という言葉自体が二岐温泉で生まれたと言われる
秘湯発祥の地で、複数ある宿とその風呂も、秘湯らしい風情に溢れており、温泉好きに特に
お勧めしたい温泉地。中でも代表格の宿が大丸あすなろ荘で、秘湯ですが人気があるので、
宿泊料は高級旅館並です。それでも日帰り入浴を受付けてくれるのは有難い限りです。

渓流沿いの露天風呂が名物で、確かに絵になるので、写真では露天を掲載しましたが、
この宿の真骨頂は「自噴泉甌穴岩風呂」と呼ばれる混浴の内湯にあるのは疑いようもありません。昔は川底だった事を示す甌穴と呼ばれる穴が湯船の底の岩盤にあり、岩盤から温泉が噴出しているのです。享保13(1728)年にこの岩盤の上に湯小屋を造り、今の姿になったという、名実ともに歴史的な名湯です。その風情と湯の良さは、温泉へのこだわりが強い人程、感動してしまうに違いありません。

二岐温泉は紅葉の名所でもありますし、冬の雪見露天風呂にも良い温泉地ですが、舗装されているとはいえ結構な山道なので、冬は雪道の運転に相当自信が無いと厳しいかもしれません。


■二岐温泉大丸あすなろ荘
住所:福島県岩瀬郡天栄村湯本字下二俣5
電話:0248-84-2311
営業時間:11:00~14:30
入浴料金:大人735円
HP:www.daimaruasunarosou.com/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。