中国らしい悠久の歴史に思いを馳せて

 

 

■撮影時期
2003年9月

■撮影場所

上海新都心側から見た外灘(バンド)

■おすすめポイント

上海と言うとテレビ塔のある新都心側を連想するかもしれません。
日本には無い超高層ビルが林立する姿は、確かに素晴らしいのですが、個人的には逆に、古き良き上海の風情を感じる、外灘(バンド)の歴史的建造物群に心を奪われました。

昔はライトアップは無かったでしょうが、建築自体は100年近く前からあるものばかりで、今後何百年も、この光景は変わらないのだと思うと、中国らしい悠久の歴史に思いを馳せる事が出来る絶景の夜景です。

なお不定期だと思いますが、花火を打ち上げる船もあったりして、偶然見れたらラッキーです。日本の花火より、小規模ながら独特の賑やかな花火は忘れられません。そんなラッキーに巡りあう為にも、上海滞在中は何度も通うのがお勧めです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。