高倉健さんが演じる、愚直なまでに駅と列車を守っていく男

■作品名
「鉄道員 ぽっぽや」(1990)

■監督
降旗康男

■主演
高倉健、大竹しのぶ、広末涼子

■DVD発売元
東映ビデオ

■おすすめの理由
1999年に公開された「鉄道員 ぽっぽや」は、直木賞を受賞した浅田次郎・著の短編小説を映画化した作品です。

北海道の雪深い小さな駅で、鉄道員として日々を送ってきた男の人生を綴ったストーリーです。

■物語は……
北海道、幌舞線の終着駅である幌舞駅の駅長を務める佐藤乙松(高倉健)は、蒸気機関車のカマ炊き、機関士を経て駅長になった鉄道一筋の男。

幼い娘が死んだ日も、愛妻が死んだ日も、休まず駅に立ち続けて来た。

そして廃線になることが決まった幌舞線。

乙松のもとにかつての同僚が、リゾートホテルでの再就職の話を持ち込むが、鉄道員一筋だった乙松はその申し出を受けない。

そんな乙松の前にある日、人形を抱えた「佐藤」と名乗る少女が表れるが……


浅田次郎さんの原作も非常に良いのですが、高倉健さんが愚直なまでにローカル線の駅と列車を守っていく男を見事に演じています。

そんなに頑張らなくてもいいのに……と思ってしまうほど、毎日ただ駅に立ち続け、娘も妻の最後の日でもかたくなに職務を全うする乙松。

不器用というか頑固というか、とうの昔に置き忘れられてしまった男の気骨を感じて、切ないです。

そしてちょっと不思議で温かくて、儚い……そんな思いがじんわりと残るいい映画です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。