マカオ初の本格ブランドスパ
シックスセンシズスパアット MGMマカオ

MGMマカオ3階にあるスパエントランス (c) MGM Macau

MGMマカオ3階にあるスパエントランス (c) MGM Macau

アロマ薫る落ち着いた雰囲気 (c) MGM Macau

アロマ薫る落ち着いた雰囲気 (c) MGM Macau

マカオ初の本格ブランドスパとして、2007年にMGMマカオと開業オープンしたシックスセンシズスパアットMGMマカオ。シックスセンシズは1995年に設立された高級リゾートホテル、スパブランドで、ヨーロッパやアジア、中東を中心に施設を展開しています。2013年現在、日本未上陸で香港にも出店していないとあり、マカオ訪問時に訪ねてみたいスパの1つです。

シックスセンシズスパアットMGMマカオのエントランスはカジノの喧騒から離れた、静かなリゾート3階に位置。同スパは2層構造になっており、まず、3階のエントランスで受付とカウンセリングを済ませた後、ロッカールーム及びスパ施設のある2階に専用エレベーターで移動します。なお、スパ施設は施術前後どちらでも利用できます。

 

スパ施設

水着着用で利用する男女共用のバイタリティプール (c) MGM Macau

水着着用で利用する男女共用のバイタリティプール (c) MGM Macau

スノーサウナ (c) MGM Macau

スノーサウナ (c) MGM Macau

シックスセンシズスパアットMGMマカオのトリートメントルームは五行の色をテーマにしたシングル3部屋、ツイン5部屋の全8室。高い天井、海を望める大きな窓があり、開放感に満ち溢れています。トリートメントルームの一角にはティールームが備えられており、特製ジンジャーティーを飲みながらくつろぐこともできます。こちらのジンジャーティーは身体を温める効果があり、受付でのカウンセリング時、施術時にも提供されます。

ロッカールームとスパ施設は2階フロアに集中。スパは男女別にそれぞれ中東式のハマム(スチームサウナ)、アロマサウナ(女性のみ)、スノーサウナなどが揃うほか、男女共通で水着着用の室内プール「バイタリティプール」があります。プールからは海とタイパ島を望む絶景が楽しめます。スパ施設は施術前後どちらでも利用できるとあり、施術の予約時間より早めに到着してスパで時間をつぶすもよし、施術後に時間を気にせず楽しむというのもありです。

 

マカオオリジナルメニュー

フットマッサージを行うマスター・ソン (c) MGM Macau

フットマッサージを行うマスター・ソン (c) MGM Macau

館内は専用ガウンで移動。スパ施設は施術前後どちらも利用可 (c) MGM Macau

館内は専用ガウンで移動。スパ施設は施術前後どちらも利用可 (c) MGM Macau

シックスセンシズでは地域により独自のメニューを設けていることでも知られています。シックスセンシズスパアットMGMマカオでは、地元マカオならではの伝統中国スタイルの推拿(Tuina)を採り入れたメニューを用意しています。このほか、アーユルベーダや日本式の按摩などのメニューもあり、選択肢が幅広いのも嬉しいところ。

ガイド自身、同スパのマカオオリジナルメニュー「マカニーズリチュアル」(2000パタカ)を体験してきました。こちらは2時間半コースで、専属の人気セラピスト、マスター・ソン(宋宗武)による中国式のフットマッサージ、紅米スクラブマッサージ、全身マッサージがパッケージになったもの。マスター・ソンは約20年のキャリアを持ち、2000人もの弟子を育てたという人物。コミュニケーションは中国語ですが、簡単な英語、もしくは必要に応じてスタッフに声掛けしてサポートを受けることもできます。

マスター・ソンの施術はもちろん、笑顔とサービス精神の高さにも癒されます。マスター・ソンによる施術メニューは、推拿マッサージ(60分950パタカ、90分1450パタカ)、フットマッサージ(60分750パタカ)といったアラカルトもあり、予約の際にはぜひ「マスター・ソン」希望の旨を伝えてください(マスター・ソンは男性)。

 

スパショップではオーストラリア発のアーユルベーダコスメブランド「サトル・エナジーズ」の商品も手に入る (c) MGM Macau

スパショップではオーストラリア発のアーユルベーダコスメブランド「サトル・エナジーズ」の商品も手に入る (c) MGM Macau

ガイドは施術の後にスパ施設を利用してみました。施術は3階のトリートメントルームで行われるので、2階のロッカールームで準備を整え、同フロアのスパ施設へと移動。

スパは小ぢんまりとしていますが、3つのサウナと温床ベッド、シャワーが揃います。サウナは男女ともにハマムとスノーサウナがあり、女性用にはアロマサウナ、男性用にはスチームサウナがある点が唯一の違い。注目はスノーサウナ。雪が舞う極寒の世界が再現されており、温冷サウナを交互に行き来することで肌を引き締める効果があるそう。スノーサウナはマカオでも珍しい存在ですので、お時間あればぜひ!

男女共用のバイタリティプールは水着を着用しての利用。ガイドは2時間半の施術の後、1時間ほどスパ施設を利用し、すっかり身も心もリラックスし、軽やかな足取りで帰宅することができました。

<DATA>
Six Senses Spa at MGM Macau
住所:澳門孫逸仙博士大馬路澳門美高梅3樓
TEL:+853 8802 3838
営業時間:スパ・トリートメント10:00~翌4:00、スパ施設10:00~22:00、ジム6:00~22:00、スパギャラリー10:00~16:00、ヘアスタジオ12:00~20:00(木休)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。