基本構造部分

【きほんこうぞうぶぶん】

「品確法」(住宅の品質確保の促進等に関する法律)では、新築住宅の売主や建設工事の請負人に対して、引渡し後最低10年間の瑕疵担保責任を義務付けたが、すべての瑕疵が対象となるのではなく「基本構造部分」に限られる。

品確法で「基本構造部分」とされているのは、「構造耐力上主要な部位および雨水の浸入を防止する部分」だけである。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。