アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた作品

■作品名
泥の河 (81)

■監督
小栗康平

■主演

田村高廣、藤田弓子、加賀まりこ

■DVD販売元
松竹

■おすすめの理由
この映画は、宮本輝の作家デビュー作を、小栗康平が自主製作の体裁で監督しました。

昭和30年代初頭の大阪を舞台に、川べりの食堂に住む少年と、対岸に繋がれた廓舟の姉弟との出会いと別れを描きます。

小栗監督は、原作の世界を生かすにはモノクロ、スタンダードサイズで撮ることが適当だと考えました。

そして製作当時はすでに珍しいものになっていたモノクロフィルムでの撮影を、ベテランカメラマンの安藤庄平が担当し、数々の撮影賞に輝きました。

戦争の影を引きずって生きる大人たちを田村高廣、藤田弓子、加賀まりこらが好演。
オーディションで選ばれた子役たちも見事に昭和30年代の子供を演じました。

ラストシーンで、去っていく廓舟をどこまでも追っていく少年の姿は、『禁じられた遊び』(52)のラストの少女の姿とも重なります。

この映画は、直接戦争を描いたものではありませんが、形の違う反戦映画だとも言えるのです。

時代に逆行するような形で撮られたこの映画が、堂々とアカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされたことも、大きな出来事でした。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。