傷一つ負わなかった若い後妻に日本中が疑惑の目を向ける

■作品名
『疑惑』

■監督
野村芳太郎

■出演
桃井かおり、岩下志麻、柄本明、仲谷昇、山田五十鈴、三木のり平、鹿賀丈史、真野響子

■DVD販売元

松竹ホームビデオ

『砂の器』『鬼畜』など、松本清張作品を数多く映像化している野村芳太郎監督作品です。

■あらすじ
交通事故で死亡した富豪の白河には、多額の保険金が掛けられていた……。彼の若い後妻で、車に同乗していたものの傷一つ負わなかった球磨子に日本中が疑惑の目を向ける中、弁護士・佐原律子が彼女の弁護を引き受ける……。

■おすすめ理由
桃井かおりさん演じる球磨子は、まるで絵に描いたような「悪女」。
あの独特のけだるい声で「保険に入ってよぅーん」と夫にしなだれかかる、そして面倒くさそうに煙草を吸っていたかと思えば、いきなり飛び出す罵詈雑言の数々。
冗談抜きで憎たらしくなりますが、本当の意味での「ワル」には見えないところがさすが桃井さんです。

原作では男性だった弁護士が、映画版では女性に変更されています。
母親としての生活を捨て、仕事一筋の女性弁護士を演じているのは岩下志麻さん。
超威圧的な態度と氷のように冷たく固い表情にゾクゾクします。
この白いスーツ姿の女性弁護士がのちの『極妻』になるわけですね……。

謎解きはあっけないほど単純明快なのですが、最後まで目が離せなくなるスピード感のある脚本に加えて、岩下志麻と桃井かおりという二大女優の演技対決が堪能でき、非常に面白いエンターテイメントに仕上がっています。






【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。