誰の心にもある琴線に触れる作品

■作品名
転校生

■監督
大林宣彦

■主演
尾美としのり、小林聡美

■DVD販売元
VAP

■おすすめの理由
大林宣彦監督の尾道三部作の一つですよね。コメディーではないのかも知れませんが大変笑い、最後は泣いたのを覚えています。

この作品を私が見たのはテレビかビデオか覚えていませんが、映画館ではありません。

高校を卒業し、映像制作の会社に入った時に同僚に勧められて見たのです。

初めは大して期待もしていませんでしたが、今では中身が入れ替わるなんて手法はよくあるパターンですが、たぶん当時は初めてだったんじゃないでしょうか?

意外な展開に、どんどん引き込まれ、右往左往する主人公たちの姿はお腹を抱えて笑いながら見ました。

そして、ラストシーンは……。
郷愁をさそう音楽と、ノスタルジックな風景……今でもラストシーンを思い浮かべるだけで涙が出てきます……。

大林監督の世界は、私たちの誰の心にもある琴線に触れる、そんな作品なのでしょう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。