課税標準

【かぜいひょうじゅん】

税額の計算においてその基礎となる価格。税目によって課税標準の対象が異なるものの、多くは〔課税標準×税率〕で税額が求められる。

登録免許税、不動産取得税、固定資産税など不動産関係では、固定資産課税台帳登録価格が課税標準となるものが多い。ただし、抵当権設定登記は債権額が課税標準、印紙税は課税文書(契約書など)の記載金額が課税標準となる。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。