今でも色褪せることのない30年前の名作映画

■作品名
グーニーズ(1985年)

■監督
リチャード・ドナー

■主演
ショーン・アスティン(マイキー)

■DVD/Blu-ray発売元

ワーナー・ホーム・ビデオ

■あらすじ
物語の舞台はアメリカオレゴン州。主人公の少年マイキーの家は借金をかかえ、立ち退きを迫られていた。マイキーと仲間3人で結成した“グーニーズ”は、マイキーの屋根裏部屋で偶然伝説の海賊「片目のウィリー」の残した宝の地図を発見。その地図をもとに灯台のレストランの地下に行くと、その先には大きな洞窟が広がっていた。グーニーズの4人、マイキーの兄とその恋人、その友達を加えた7人は宝を探しに冒険の旅に出る。

■おすすめの理由
幼いころ、何度繰り返して観たかわからないほど大好きだった映画です。
当時、大ブームだったファミコンのソフトにもなるほどの人気でした。

まず面白かったのが登場人物のキャラクター。夢見がちな少年マイキー。ぜんそくの薬を吸引するのに憧れました! そして悪ガキのマウス、食いしん坊のチャンク、発明家の中国人データなどみんな個性が立っています。マイキーのお兄さん役のジョシュ・ブローリンは最近も「メン・イン・ブラック3」などで活躍中です。そして、宝を奪い合うフラッテリー一家の末っ子スロースなど、インパクトの強い面々がそろっていました。

そしてドキドキの連続の冒険シーン! 数々の海賊の罠がグーニーズたちを待ち受けます。骨で作られたピアノを弾くシーンなどは本当にハラハラしながら見ていたのを覚えています。

シンディー・ローパーが歌った主題歌「The Goonies 'R' Good Enough」も印象的。今でもこの曲を聴くと、気持ちがわくわくします。約30年前の映画ですが、きっと今の子どもたちが見ても楽しめるんじゃないかと思います。





【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。