アメリカンドリームの達成を描く先駆けとなった映画

■作品名
ナチュラル (84)

■監督
バリー・レビンソン

■主演
ロバート・レッドフォード、グレン・クロース

■DVD/Blu-ray発売元
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

■あらすじ
中年を過ぎてニューヨーク・ナイツに入団した、遅れてきたルーキー、ロイ・ハブス(ロバート・レッドフォード)が、手製のバット“ワンダーボーイ”で快打を連発します。

一躍チームは優勝戦線に加わりますが、ハブスの過去にはある秘密が隠されていました。

■おすすめの理由
「ナチュラル」とは天性の才能のこと。

主人公ハブスのモデルは八百長事件に巻き込まれて球界を追われたシューレス・ジョー・ジャクソンです。

彼は『フィールド・オブ・ドリームス』(89)にも登場しますが、このタイトルには、天性の才能を持ちながらそれを生かし切れなかったジャクソンを惜しむ気持ちが込められています。

当然バーナード・マラマッドの原作は、ハブスが破滅する悲劇で終わりますが、この映画の監督のバリー・レビンソンは「野球は伝説に包まれたスポーツだ」と考え、脚本のロジャー・タウンと共にハッピーエンドに変更しました。

そしてこの映画は、アメリカンドリームの達成を描く、壮大なほら話や伝説のヒーロー譚を復活させる先駆けとなりました。

ランディ・ニューマンのジャズエイジ風な音楽、クラシカルな雰囲気を醸し出したキャレブ・デ・シャネルの撮影で1920年代の雰囲気を再現。

学生時代は野球選手だったというレッドフォードの打撃フォームの美しさ、ゲームシーンのリアルさも相まって、ベースボール・ムービーの最高傑作となりました。

ファーストシーンとラストシーンで、田園風景の中で行われる父と子のキャッチボールがこの映画のテーマを象徴します。

アメリカ人にとって野球は単なるスポーツではなく、父から子へと継承すべき大切なものなのです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。