かつてのアメリカの善や美徳を80年代末に蘇らせた作品

■作品名
フィールド・オブ・ドリームス (89)

■監督

フィル・アルデン・ロビンソン

■主演
ケビン・コスナー、エイミー・マディガン

■DVD/Blu-ray発売元

ワーナー・ホーム・ビデオ

■おすすめの理由
アイオワで農場を営むレイ(ケビン・コスナー)は、ある日「それを造れば彼はやって来る」という声を聞き、畑を壊して野球場を造ります。
すると、往年の名選手“シューレス”・ジョー・ジャクソンが現れて……。

W・P・キンセラの『シューレス・ジョー』をフィル・アルデン・ロビンソンが監督・脚色。
映画化するのは難しいと思われた抽象的な原作を、鮮やかなファンタジー映画にまとめ上げました。

野球、トウモロコシ畑、家族の絆は古き良き時代のアメリカの象徴。
そしてファンタジーや奇跡、夢の実現はかつてのアメリカ映画が十八番とした題材です。

この映画は、そうしたアメリカの善や美徳を素直に描き、80年代末によみがえらせたことでも記憶に残ります。

ジャクソンも、ラストに姿を見せるレイの父も、同じことをレイに尋ねます「ここは天国かい」と。
レイは「ここはアイオワさ」と答えますが、「天国とは夢がかなう場所のことだ」と気付くのです。

この映画では、野球の持つスピリチュアルな部分が、家族の絆と奇跡とを媒介する役割を果たしています。

夜の霧やアイオワの風景を見事にとらえたジョン・リンドレーの撮影、ジェームス・ホーナーの心に残る音楽、球場内に響く心地良い音……などが印象に残ります。

コスナーのほか、妻役のエイミー・マディガン、シューレス・ジョー役のレイ・リオッタ、隠棲した作家役のジェームズ・アール・ジョーンズ、これが遺作となった老医師役のバート・ランカスターらがそろって妙演を見せてくれるのも大きなポイントです。

なお、八百長事件で球界を追われたジャクソンたちについては、『エイトメン・アウト』(88)が詳しく描いていますので、興味がある方はこちらもぜひどうぞ。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。