二人の名優の演技を堪能できる恋愛映画

■作品名
恋におちて (1984)

■監督
ウール・グロスバード

■主演

ロバート・デ・ニーロ、メリル・ストリープ

■DVD販売元

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

■おすすめの理由

ロバート・デ・ニーロとメリル・ストリープという、二大名優が演じる大人のロマンチックな恋愛映画「恋におちて」は、1985年に公開されました。

■あらすじ
グラフィック・アーティストで、重病の父親の看病をしているモリー(メリル・ストリープ)は、医師の夫とあまりうまく言っていない。

一方建築技師のフランク(ロバート・デ・ニーロ)は、妻と二人の子供がいる。

赤の他人だった彼らは、ある日クリスマスプレゼントを買いに行った書店でぶつかり、荷物をばらまき、お互いの買物包みを取り違えてしまう。

通勤電車の中で再会した二人は、その出来事を笑い合い、お互いにどこか心惹かれるものを感じる。

そして一緒の電車でおしゃべりを楽しむ仲から、ランチを食べる仲に進展し、さらに二人の仲は……。


モリーもフランクもお互いに夫も妻もいるので、大人の不倫の恋なのですが、不倫につきもののドロドロとした展開になるのではなく、出会うべくして出会った二人の恋という感じで描かれています。

お互いに違う相手と暮らしていた二人が、出会い恋が始まり、大人らしく抑制の効いた恋心を内に育てていく……。そんな感じが素敵で、お互いに異性として意識するようになってから二人とも輝いていきます。

エンディングも、「サンタからのプレゼントなのでは」と思うような偶然というか必然は素敵。

「どうしても不倫はダメ! 許せない」となると、そこで話は終わってしまうので、恋愛映画としてストーリーと二人の名優の演技を堪能すればいいのでは……と思います。

出会いの場がブランドショップなどではなく、書店というのも、すごく好きです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。