ライブそのものを観ているようなドキュメンタリー映画
『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』

■監督
ハル・アシュビー

■出演
ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、ビル・ワイマン、ロン・ウッド、イアン・スチュワート、イアン・マクレガン、アーニー・ワッツ、ボビー・キーズ

■DVD/Blu-ray発売元
東北新社(DVD)/日本コロムビア(BR)

■おすすめ理由
1981年のアメリカンツアーの様子を記録したドキュメンタリー。
20台のカメラと空撮を駆使した撮影で迫力満点の映像です。

観客目線、ステージからのメンバー目線、バックステージからのスタッフ目線、
さらに上空からスタジアム全体を捉えるスケールの大きさ!

次々と場面が変わるカメラワークで会場を包む熱気と興奮が伝わって来ます。
メンバーのバックステージの様子を捉えた映像も僅かにありますが、
ほとんどの映像がステージ上のパフォーマンス!
ライブを観るような、というよりもライブそのものを観ているようです。

ミックはこの時確か38歳だと思いますが若くて元気、
ステージの上で跳ね回り所狭しと走り回ります。
くわえ煙草のキースは相変わらずのマイペース、
麻薬中毒から脱した直後だと思いますが時々変な動きをするのが気になります!

当時はミックとの不仲説なども囁かれていましたが目が合ったら笑ったり、
時には肩を組んだりと仲がいい様子。
ギターを持ったままミックの背中に飛び乗り、
そのままステージに転げ落ちた時にはびっくりしました!

チャーリー・ワッツ、ロン・ウッド、影の薄いビル・ワイマン、
みんな若くて元気です。

全25曲! 一番脂の乗った時期のストーンズの演奏を堪能出来る、
ストーンズの楽曲が好きな方には大満足の映画だと思います。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。