松田優作とマイケル・ダグラスの演技対決!

■作品名
ブラック・レイン

■監督
リドリー・スコット

■主演
マイケル・ダグラス、松田優作

■DVD/Blu-ray発売元
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

■おすすめの理由
1989年公開のこの映画は、サスペンスやミステリーの枠組みにおさまらない、とてもひやりとさせられた映画です。

この映画は、日本のやくざ映画の風味をつけたノアールサスペンス映画にカテゴライズされると思うのですが、わたしは一種のバディ(相棒)ストーリーとしても楽しめると思います。

バディは、マイケル・ダグラス扮する主人公のニックと、突っ走り気味の彼を抑える気のいいチャーリー。そして、習慣や文化の違いから反目しあい(主にニックがそうしているのですが)ながらも、一種の信頼関係をきずく、高倉健さん扮する松本。
ニックと松本のかけあいは、アメリカとソ連の刑事が協力し合うシュワルツネッガー主演の「レッドブル」を彷彿とさせます。


まぁと言ってもこの映画の一番の見どころは、松田優作とマイケル・ダグラスの、白刃をきらめかすような演技対決だではないでしょうか。松田優作さんの狂気一派手前の演技も見ものですが、わたしがお勧めするのは、マイケル・ダグラス氏にひやりとさせられたあるシーンです。

優作さん扮するヤクザの、元親分との会見に単身乗り込み、交渉をまとめるダグラス氏。「そちらにとっても悪い話ではないと思うが」。無表情に彼がそう言い放った瞬間、その場が、と言うより対面している大親分からぶわりと殺気があふれます。

ひぃ怖い。

それまで英語で会話していた親分が、「いてまうぞこのガキャ」というようなことを言うのですが、そう恫喝する親分よりも、それを平然と親分を見返すダグラス、彼の目が、なによりも恐ろしい。

何かの果てをみてしまったような、覗きこんだら還れなくなるような、暗いくらい目でした。


この映画が遺作となった松田優作さんは、映画の撮影当時すでに体調を崩しておられ、毎晩医者と相談しながら撮影にのぞんだとか。そんなギリギリの集中がうんだ、鬼気迫る演技も、どうぞお楽しみください。





■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。