合 筆

【がっぴつ】

複数の筆の土地を合わせ、一つの土地として登記すること。ただし、所有者が同じで互いに接続するとともに、字(あざ)名や地目も同じ土地であることなどが前提となる。

抵当権など、所有権以外の権利の登記がされているときは合筆できないが、承役地の登記の場合および抵当権・先取特権・質権の登記で、登記原因・登記原因の日付・登記の目的・受付番号が同じ場合には、例外的に合筆が認められる。

なお、合筆は「がっぴつ」と読むのが正しいようだが、不動産業界のなかでも「ごうひつ」と読む人が結構多い。

>> 分筆

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。