元金均等返済方式

【がんきんきんとうへんさいほうしき】

毎回の返済における “元金返済部分の額が一定” となるように計算をする方式。毎月決まった額の元金に、そのときの融資残高に対する利息額を加えて返済する。

元利均等返済方式に比べて総支払い額は少なく済み、融資残高も一定額ずつ減少するため返済したことを実感できるものの、返済開始当初の負担はけっこう大きい。短期の融資で利用されることはあるが、返済が長期にわたる住宅ローンで使われることはあまりない。

>> 元利均等返済方式

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。