売却基準価額

【ばいきゃくきじゅんかがく】

裁判所による不動産競売において、従来の「最低売却価額」制度が見直され、平成17年4月1日から「売却基準価額」制度となった(改正民事執行法)。

「最低売却価額」と「売却基準価額」の価格評価は同等なものとされ、売却基準価額を20%下回る価格(買受可能価額)での入札を可能とすることで、売却率の向上が図られた。

>> 不動産競売


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。