9ピンとお好みのビーズでアクセサリー作り

 

 

最近、手作りアクセサリーに9ピンを使う事が多くなりました。
9ピンとは、針金が9の字に曲がっているアクセサリーパーツで、
そこにビーズをさし、反対側をペンチで丸くしてビーズをとめます。

9ピンの先を綺麗な円にするのは結構難しい作業なのですが、
自分で使うだけだし、抜けなければいっか、と大雑把に作っています。
それを市販のチェーンにつなげば、一気に市販品のような出来栄えに!
チェーンはあまり目が細かいと9ピンが通らないので要注意です。

ターコイズのネックレスとブレスレット(1枚目の画像
使わなくなったネックレスのビーズをばらして、
9ピン+チェーンでネックレスとブレスレットに。
ピアスはただピアスパーツに通しただけです。

■赤いビーズで3連ネックレス
 

 

質感の異なる3種の赤い100円ビーズをテグスに通した物を2本用意。
赤いビーズを9ピン+チェーンでつないだ物を1本用意。
これらをまとめて3連ネックレスに。3本の長さは不揃いにしてあります。


■アクセサリーパーツの「9ピン」
 

 

これが9ピンです。サイズにもよりますが、これは30本入り100円。

ロングネックレスならパーツもいらず、最初と最後を合わせて留めるだけなので簡単です。

チェーンを使ったロングネックレスは引き出しにしまうと
からまりやすいので、フックにかけて収納しています。



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。