糸がほつれないように処理をきちんとする事がポイント

 

 

■用意するもの
  • 好きな糸
  • かぎ針
  • フープピアス
■手順
かぎ針を使って、フープピアスに好きな糸をひたすら細編みで巻きつけていくだけです。

単色で作ってもいいですし、所々で糸の色を変えたり、左右で違う色にしてみたり、
アイデア次第で色んなデザインのフープピアスが作れます。

フープピアスといっても、様々な大きさや色(シルバー、ゴールド、金古美等……)
があるので、同じ糸の色でも大きさを変えたりするだけでイメージもガラリと変わります。
 

 

ちなみに、写真の完成品のフープピアスは、+αで揺れる星のチャームを付けた物になります。

作っていくうえでのポイントは、特にこれといってないのですが、
あえて言うなら始めと終わりの糸の処理をきちんとする事。
ここをきちんとしないと、使っているうちに次々と糸がほつれて出てきてしまう恐れがあるので、
きちんと糸端を編み目の中に入れ込んで出てこないようにする事が1番重要だと思います。





【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。