大阪に新星フレンチ「ディファランス」誕生

うつぼ公園

うつぼ公園の近くには飲食店が数多い

大阪市西区にある靱(うつぼ)公園は四ツ橋筋からなにわ筋を越えてあみだ池筋まで達する東西に細長い公園。四ツ橋筋側から公園に入ると、厳しい残暑の日差しを遮ってくれる見事なケヤキ並木が続き、右手にはバラ園。まるで軽井沢かヨーロッパの公園に居るかのような錯覚に陥ります。

本日は、この靱公園の南端に居並ぶ天を突くようなメタセコイア並木を望む地に、今年の夏に開店したフレンチレストラン「ディファランス(Différence)」を御紹介しましょう。
外観

「ディファランス」の外観

オーナーシェフの藤本義章さんは(2013年9月現在)29歳。ホテル日航大阪のフレンチレストラン「レ・セレブリテ」で長く腕を揮われ、弱冠26歳でシェフとなられ活躍されていました。そして今回、同じく以前レ・セレブリテに在籍されていたサービスの小阪さん、竹下さんとの強力なチームを組んでの独立となったわけです。
店内

「ディファランス」の店内

間接照明の柔らかい光に浮かび上がる店内の右手には、ブラウンのレザーソファーが壁面の端から端まで延び、その上方には面取りしたスクエアな鏡が連続して配置され、左側の壁のモダンなタイルを映し出して広がりを感じさせます。今のところ2階は使用されず、1階の12席だけですが、各テーブルには真っ白なテーブルクロスが2重!に掛けられていて、格調高い高級感を醸し出しています。

次ページからは、コース料理を御紹介していきます