家族の絆を重要視した間取り

家族の絆がより深まる間取りにする場合は、家族みんなができるだけ長く、それぞれの生活に関われるような動きを考える必要があります。例えば簡単な例で言うと、帰宅外出時や就寝起床時の前後の動きに、家族の団らんの場であるリビングやダイニングを経由するという動きをとることです。毎日顔を合わせることにより、それぞれのちょっとした変化に気づくことができるし、そのことにより見守られている意識や家族を思う気持ちが出てくるでしょう。
家族の絆を重要視されるレイアウト

家族の絆を重要視されるレイアウト

家族一体の間取り

その他にも家族の団らんの場に面した個室を配置し、完全個室化せずに気配が分かるような造りや、それぞれの最低限のプライバシースペースのみ個室化し、あとのすべてはワンルームとし、家族一体とするプランも考えられます。
家族が一体となりやすいレイアウト

家族が一体となりやすいレイアウト



どのような住まいを理想とするかで、住まいの動きも違ってきます。
上記以外にも例えば、お父さんお母さんと一緒の机で勉強する「家族の勉強室」や、いつまでも仲の良いままでいられる「夫婦円満のプラン」、そして高齢者の方も安心できる水回りと寝室の動きを考慮した「楽介護のプラン」など、理想としている家族のあり方を考え、それを建築家や設計者によく相談し、住まいづくりを家族づくりにつなげていきましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。