眠れないからといって焦らないこと

私は妊娠後期の時、よく、夜中に目覚めました。なぜかはよくわかりませんがふと目が覚めたりすることがありました。そして寝ようと思っても寝れないのです。

そんな時は、「まあ仕方ない」と諦めます。無理に寝ようと思っても、変に覚醒していて眠れなかったりするので、まずは一旦起きて、眠りを誘うと言われるホットミルクや、ローカフェインのお茶を飲んでほっとして、その後は横になって本を読んだり、ただ横になっていたりしました。

ベッドの中で横になっているだけでも、人は「休んでいる」感覚があるのだとか。また、昔のオランダ人は横にならずにベッドに腰を曲げて座った姿勢で寝ていたエピソードもあります(長崎県の出島に行った時に聞きました)。なので、眠れないからといって焦らず、横になっているだけでも「休めているんだ」と思うようにしました。

1日くらい眠れないからって、そんなに大したことじゃありません。また、本当に眠くなったら、横になっていると自然に眠りにつくことができます。

眠りが浅いのも、妊娠中の特権。そう考えるようにして過ごしていました。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。