現在バイクの免許の種類は七つあります。もともとは、原付、小型限定普通自動二輪、普通自動二輪、大型二輪の四つしかなかった物が、小型、普通、大型それぞれにオートマ限定が追加されました。バイクは排気量の違いで、交通規則が違ったり、車検の有無があるため、きちんと確認しておきましょう。

1:原付免許

ホンダの名車undefinedスーパーカブ

ホンダの名車 スーパーカブ

維持費も安く、最も多く販売されている為、中古が多く、安く買うことが可能な最も気軽に乗ることが出来るバイクです。原付免許は教習所で取得することは出来ません。試験場でのみ取得することが可能です。

運転できる車両は50cc以下の排気量の車両です。オートマ、マニュアル両方を運転することが出来ますが、50cc以下の車両のほとんどは、スクータータイプのオートマ車両です。

他のクラスの免許はオートマとマニュアルの免許が分かれていますが、原付免許に関しては分かれていない為、原付免許を持っていれば、50cc以下の、オートマ、マニュアルどちらの車両も運転可能です。学科試験のみで取得することが可能ですが、学科試験に合格すると、実技と技能講習を三時間受講することになります。

そのため、試験に臨む際には、試験に合格した後の事を想定して、技能講習に適した格好をしていきましょう。靴はサンダルやミュールなどをさけて、スニーカーなど動きやすい靴。服装は、出来るだけ肌の露出がない格好が好ましいといえます。特にハーフパンツやスカートは絶対に避けましょう。

取得可能年齢は16歳以上です。

原付免許で運転できる主な車両

ホンダ:トゥディ
ヤマハ:ビーノ
スズキ:レッツ4


2:小型限定普通二輪免許 3:AT小型限定普通二輪免許

通勤快速の代表格undefinedアドレスv125

通勤快速の代表格 アドレスv125

最高速度は100キロ前後で、車の流れにのって走ることも充分可能な125cc以下のバイクに乗ることアが可能な免許です。

また、AT小型限定普通二輪免許は、125cc以下のオートマの車両を運転することが可能です。

50cc以上90cc以下の車両は黄色のナンバー、90cc以上125cc以下の車両はピンクのナンバーになります。このクラスの車両は通称 「原付2種」と呼ばれ、現在最も車両の販売台数が伸びている勢いのあるクラスです。各メーカーから新モデルが続々と登場しています。

小型限定普通二輪免許から上の排気量の免許に関しては、教習所で教習を受けることが出来ます。また、教習所の卒業検定に卒業すると、試験場での、技能試験、取得時に受ける技能講習3時間、応急救護講習3時間が免除されます。

教習所の相場は、
  • 小型限定自動二輪15万円前後
  • 普通自動二輪18万円前後
  • 大型自動二輪30万円前後
となります。

※他の免許を既に取得している場合には、金額は大きく変わります。

学科試験は必要になりますが、車の免許を持っている方は、学科試験も免除になりますので、教習所を卒業すれば、免許の書き換えだけでOKです。

以前に免許を取得しており、なんらかの理由で執行してしまった場合には、教習上に行かず、試験場で一発試験に臨むのも手ですが、そうではない場合には、教習所に通い基本をきちんと習うことをお勧めします。

前述したとおり、このクラスは最も販売台数を伸ばしているクラスです。メーカーが魅力的な車両を次々に投入してきています。原付と違い、30キロの速度制限がなく、一般道では、車と同じ速度制限で走れ、二段階右折の規制もなく、二人乗りが可能ですので、色々な場面で使用可能です。

私も一台所有していますが、娘のオムツを買いに行ったり、ツタヤにCDを返しに行ったりするとき以外にも、片道30キロの会社への通勤などにも使えてしまう万能選手です。

※スーパーカブ110はギアがついていますが、クラッチの操作が必要ない為、免許の区分としては、AT小型限定普通二輪免許で運転可能です。

小型限定普通二輪免許(AT含む)で運転できる主な車両

カブはオートマ免許でも運転可能!

カブはオートマ免許でも運転可能!

ホンダ:PCX
ヤマハ:シグナスX
スズキ:アドレスV125
カワサキ:Dトラッカー125

取得可能年齢は16歳以上です。