125ccの新モデル原付2種バイク・スクーターが続々登場!

最近、オートバイの国内メーカーが力を入れているクラスがあります。それが原付2種と呼ばれる 50cc~125ccの排気量のクラスです。特にホンダは数年で新しい原付2種クラスの排気量の車両を発表しました。

リード125、クロスカブ、ディオ110、pcx、ズーマーx、grom、ベンリィ110、cbr125r思いつく限りで並べてみても、8車種もあります。
ホンダundefinedリード125

ホンダ リード125


今まであまり存在感のなかった125ccのクラスですが、メーカーがこれだけ沢山の車種を出してくるのには、もちろん理由があります。なぜなら、原付2種の車両の販売台数が伸びているからです。なぜ今、原付2種が売れるのか?その理由をご説明します。

その1:ファミリー特約が組める

事故などがあった時に、自賠責保険だけではまかなえない事があるため、オートバイに乗る場合には、任意保険に入ったほうが安心です。たとえば速度を出しすぎてガードレールにぶつかってしまい一部ガードレールを壊してしまうとします。

意外と知られていませんが、ガードレールの修理はとても高額で簡単に10万円以上請求されてしまいます。任意保険に入ると、年間で2万円前後で済みます。しかし、もう少し保険料を安く済ませたいというのであれば、ファミリーバイク特約には入るという手もあります。

ファミリーバイク特約の保険料は5000円~7000円程度です。ファミリーバイク特約のメリットは保険料が安い点と、特約に年齢制限がないため免許を持っている家族全員が対象となり所有バイクに制限がないので125cc以下の排気量の車両は全てが対象になります。また、事故を起こした場合にも等級が下がりません。

しかし、注意すべき点もあります。搭乗者障害保険はついておらず、自分の怪我などに対する保証はありません。このあたりはとても大事なポイントですので任意保険とのメリット、デメリットを考える必要はありますが、原付2種の普及と共に人気が高まっている保険です。

その2:車体が小さいので駐車しやすい

原付2種の車種は原付と大きさがほとんど変わらない車種もあります。そのため出かけた先で駐車する際に気を遣わずにすみます。また新しく出来た大型の商業施設は今まではあまりなかったバイク用の駐車場が併設されていることがあります。

しかし、大型バイクのスペースまでは確保できなかったのか125cc以下の車両の駐車ゾーンしかない所が多いのが現状。スペースの関係だとは思うのですが、出先で止めるところに困らないというのは、メリットの一つでしょう。

以前バイクで出かけた際に、お腹が痛くなり近くにあったお店の前の道路にバイクを止めて、トイレを借りたところ、警察官に駐車違反の取締りをされてしまいました。

素直に切符を切られましたが、都内で駐輪場もほとんどない立地だったため、都内にバイクで出かけた場合にはどこにバイクを駐車すればいいのか?と警官に尋ねたことがあります。答えは、「私有地であれば、取り締まりできない」ということでした。

原付2種の代表格undefinedアドレスv125

原付2種の代表格 アドレスv125

私有地にバイクを勝手に止めることは当然出来ません。しかし、商業施設等であれば、店員さんにお願いすれば、止めさせていただくことが出来ることがあります。私はいつも髪を切りにいくときに、美容院の軒先に止めさせて頂いています。これが大きなバイクだと、止めるのが難しいこともあるでしょう。


その3:車の流れにのって走行することが可能

車種によって性能にばらつきはありますが、原付2種のバイクは最高速度80キロ以上は出すことが可能です。なかには100キロ以上スピードが出る車両も存在します。一般道路の制限速度は最高でも60キロですから、周りの車の流れに合わせて走ることが可能です。

また、原付2種は馬力はそこまでありませんが、車体が軽いため、軽やかに加速することが可能で0キロから40キロぐらいまでは車に負けないぐらい加速することが出来ます。

原付は30キロ制限があるため、60キロの最高速度が出る性能があったとしても、法規上そこまでのスピードを出すことができないので60キロの制限速度の道路を走ろうとすると車の流れに乗れず怖い思いをします。

原付2種は法規的にも性能的にも問題なく車の流れにのって走行することが可能です。