BABY

ガイド:
オープニングの「BABY」は、キラキラ系エレクトロポップですね。いや、そんなジャンルが存在するかは疑わしいのですが……。僕としてエレクトロポップを自作する女子が増える事は嬉しい限りなのですが、入り口はどの辺りですか?

ミチルロンド:
入り口を言うならば電気グルーヴさん、もっとさかのぼるならプリンス! エレクトロポップではないですね。

Fry

ガイド:
エレクトロポップが好きな人でプリンスが好きな人は多いですよ。

他の曲にも当てはまりますが、「Fry」はエレクトロポップでありながらも、ギター音が重要なサウンドになっていますね。曲作りに於けるギタリストとしてのこだわりとかあれば、教えてください。

ミチルロンド:
michirurondolive

ミチルロンド・ライヴ (C)幡原裕治/BEEAST

曲をアレンジする時にギターのフレーズを考える、ということはなく、鼻歌程度で「ふふふん」なんて歌いながら曲を作っている時点で「こんなギター音がここでこんなフレーズ弾いて……」って頭の中で感じてます。

自分がシンガーソングライターであり、そしてギタリストであるんだと思い知ります。でも、ミチルロンドが作るものって、Popsであり、歌ものであることが多いので、歌を邪魔しない音色や音域であるように作っています。これからはもっとインストっぽい曲やスラップ奏法を入れた曲もがんがんやっていきたいですね。

 

ジェットコースター

ガイド:
可愛らしいミュージッククリップもある「ジェットコースター」は、重低音を重視したエレクトロダンスになっていますね。歌詞にあるように、メリーゴーランドよりジェットコースター派ですか?

ミチルロンド:
ここだけの話、人生の中でジェットコースターに乗ったことは一度もありません(笑)!

ジェットコースター
(YouTube)