JR新大久保駅前の立地、地元に愛されるそば店「近江家」

大久保通りに面した同店店頭

大久保通りに面した同店店頭

新宿のお隣、コリアンタウンとしてもすっかり有名な新大久保エリア。JR山手線・新大久保駅の改札を出て横断歩道を渡ると、銀行や飲食店が入るビルがあります。銀行の右隣の看板に店名より大きな“そば處”の文字。こちらが老舗そば店の「近江家」です。

JR新大久保駅の改札出口は1つしかないので、迷いようのない立地です。少し奥まった入口、それほど高圧的な店構えではありませんが、随所に創業年が掲げられるなど、老舗感はありますね。

お昼時は、ビジネスマンや近隣の方々が多いという同店。確かに入店時や会計時に女将さんと馴染み、といったあいさつや会話を耳にします。

創業は1899年(明治32年)

メニュー表にも「1899」の創業年表記

メニュー表にも「1899」の創業年表記

近江家の創業は1899年(明治32年)。初代が浅草で修行した後、現在の港区・青山付近で開業したことがその歴史の始まりです。

現在の新大久保(百人町)に移ったのは1916年(大正5年)のこと。こちらの地でもほぼ100年、街を見守ってきたことになります。

同店創業の1899年とはどんな時代背景だったのでしょうか……。この年、東京・大阪間で電話が開通。海外に目を向けると、ニューヨークタイムス紙面上に “自動車(automobile)”の文字が初めて登場するなど、新世紀を前にまさに新時代の到来を告げる史実があります。また、東京初のビアホールが新橋に誕生。ビールがまだまだ高価な存在だった時代ですね。そんな最中、近江家もその歩みを始めています。

では、新大久保の地で一世紀近い歴史を誇るそば店へと参りましょう。